2018.2.9 12:00

【ダッグアウトの裏側】イチローと上原は何を思う? 5月で45歳のコローンがレンジャーズとマイナー契約

【ダッグアウトの裏側】

イチローと上原は何を思う? 5月で45歳のコローンがレンジャーズとマイナー契約

特集:
ダッグアウトの裏側
上原浩治
マイナー契約を結んだコローンは、キャンプでメジャー昇格を狙う(AP)

マイナー契約を結んだコローンは、キャンプでメジャー昇格を狙う(AP)【拡大】

 米大リーグのフリーエージェント(FA)選手の市場が歴史的な停滞に陥っていても、このレジェンドに影響はない。先発右腕のバートロ・コローン投手(44)が4日(日本時間5日)、レンジャーズとマイナー契約。メジャーのキャンプに招待選手として参加する。年俸は175万ドル(約1億9000万円)で出来高が付く。

 「長く活躍しているし、けがも少なく、制球もいい。先発争いを活性化してくれるだろう」とジョン・ダニエルズGMは地元メディアに期待を込めたコメントを寄せた。

 昨季はブレーブスとツインズの2球団に所属し、完投勝利を含む7勝(防御率6・48)。メジャー通算20年(10球団)の通算成績は240勝176敗、防御率4・04で、ドミニカ共和国初の殿堂入り投手、ホアン・マリシャルの通算勝利数まであと3勝に迫っている。

 マーリンズからFAのイチロー外野手(44)と同じ1973年生まれだが、誕生日が約5カ月早い。昨季はコローンがブレーブスから自由契約になり、ツインズで再昇格を果たすまでの間は、イチローがメジャー最年長選手になった。

 大リーグの公式サイトは、この大ベテランに関するトリビアクイズを掲載。過去に対戦した親子選手はセシル&プリンス・フィルダーら3組で、30球団の監督で6人が年下になるという。90年代からメジャーでプレーしているのはレ軍で同僚となるエイドリアン・ベルトレ内野手(38)と2人だそうだ。

 アスレチックス時代の2013年に38球連続ストライクを記録した制球力は健在。レ軍は先発陣が手薄なので、ローテーション入りのチャンスは十分ある。

 5月で45歳になるコローンの契約はマイナーだった。未契約のイチローや上原浩治投手(42)はどう思っただろう。一筋の光が差し込んだと感じたか。それとも…。

田代学(たしろ・まなぶ)

サンケイスポーツ編集局次長。1991年入社。プロ野球や五輪担当などを経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会の理事や、13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。米国での愛称は「ガク」。

  • 2011年、ヤンキース時代のバートロ・コローン投手。制球力は際立っていた(撮影・リョウ薮下)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【ダッグアウトの裏側】イチローと上原は何を思う? 5月で45歳のコローンがレンジャーズとマイナー契約