2018.2.7 17:58

本多は手応え、川島は平常心 ソフトバンクの二塁争う2人が特打 

本多は手応え、川島は平常心 ソフトバンクの二塁争う2人が特打 

練習中に笑顔を見せるソフトバンク・本多(左)と川島=宮崎

練習中に笑顔を見せるソフトバンク・本多(左)と川島=宮崎【拡大】

 ソフトバンク春季キャンプ(7日、宮崎)ソフトバンクの内野陣で唯一先発が固まっていないのが二塁だ。明石や新戦力の西田らとともに、レギュラーをうかがう本多と川島が居残り特打に臨んだ。

 本多は昨季から体重が約4キロ増え、筋肉量はプロ入りで最も多いという。2010、11年の盗塁王で実績十分の左打者。左右に鋭い打球を飛ばし「今やろうとしていることができている」と手応えを口にした。

 川島は国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留してキャンプイン。「いつも通り」と平常心で臨んでおり、ロングティーでも多く快音を残していた。キャンプ写真速報へキャンプ日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 本多は手応え、川島は平常心 ソフトバンクの二塁争う2人が特打