2018.2.6 18:00

早大野球部にセンバツVバッテリーが合流、徳山「一からスタートです」

早大野球部にセンバツVバッテリーが合流、徳山「一からスタートです」

早大の練習に合流した左から大阪桐蔭・岩本久重捕手、作新学院・鈴木萌斗外野手、報徳学園・西垣雅矢投手、大阪桐蔭・徳山壮磨投手

早大の練習に合流した左から大阪桐蔭・岩本久重捕手、作新学院・鈴木萌斗外野手、報徳学園・西垣雅矢投手、大阪桐蔭・徳山壮磨投手【拡大】

 東京六大学野球の早大の安部球場(西東京市)で行われた6日の練習に、今春入学予定の選手が合流。昨春センバツVの大阪桐蔭・徳山壮磨投手、岩本久重捕手のバッテリー。昨春センバツ出場の報徳学園(兵庫)の西垣雅矢投手、一昨年夏に甲子園で優勝を経験した作新学院(栃木)の鈴木萌斗外野手が汗を流した。

 昨夏高校日本代表としてU-18W杯3試合に登板した徳山は「高校時代のことは関係ないと思って、一からスタートです」と気を引き締めた。

 岩本は昨春センバツ前に左手首を骨折して出場できなかった。代わりに春夏の甲子園でマスクをかぶった福井章吾捕手が慶大に進んだこともあって、「徳山とは息の合ったところを見せられるようにしたい。福井とは早慶戦でお互い捕手として出られるようになったらと思う」と“同期対決”の実現を目標にした。

 鈴木は「高校で日本一になれて、大学でリーグ戦優勝と日本一を目指したい」と話し、西垣は「4年生になったら、徳山と2枚看板になれるようにしたい」と意欲を見せた。

  • 早大で練習した徳山壮磨(左)と西垣雅矢は、右腕の2枚看板へと期待される=西東京市(撮影・赤堀宏幸)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 早大野球部にセンバツVバッテリーが合流、徳山「一からスタートです」