2018.2.4 05:05(1/3ページ)

日本ハム・清宮、初サードで送球矯正!「軽い力でも球がいくようになった」

日本ハム・清宮、初サードで送球矯正!「軽い力でも球がいくようになった」

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
清宮はビデオカメラの前で、右肩が背中方向に入りすぎるフォームの矯正を行った(撮影・斎藤浩一)

清宮はビデオカメラの前で、右肩が背中方向に入りすぎるフォームの矯正を行った(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 日本ハム春季キャンプ(現地時間2日=日本時間3日、米アリゾナ州・スコッツデール)日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が、“三塁デビュー”を飾った。右手親指痛のため、4日連続で打撃練習を回避。金子誠内野守備走塁コーチ(42)の指導で課題の守備力向上に取り組むスラッガーは「スローイング矯正」に着手。早くも効果はてきめんで、本格的なホットコーナー挑戦も夢ではなくなってきた。

【続きを読む】

  • 清宮は金子コーチ(左)からスローイングのマンツーマン指導を受けた(撮影・斎藤浩一)
  • 三塁でノックを受ける日本ハム・清宮幸太郎(中央)=米アリゾナ州・スコッツデール(撮影・斎藤浩一)
  • 三塁手のポジションでノックを受ける日本ハム・清宮=スコッツデール(共同)
  • 守備練習する日本ハム・清宮=スコッツデール(共同)
  • 日本ハムの米アリゾナキャンプで現地2日、清宮選手のフォームチェックのためビデオ撮影中です(カメラマン・斎藤浩一)
  • ノックを受ける日本ハム・清宮=米アリゾナ州・スコッツデール(撮影・斎藤浩一)
  • 金子誠コーチから送球フォームを教わる日本ハム・清宮(右)=米アリゾナ州・スコッツデール(撮影・斎藤浩一)
  • 日本ハム・清宮のこの日のメニュー
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・清宮、初サードで送球矯正!「軽い力でも球がいくようになった」