2018.1.31 05:02

変化球解禁!大谷、カーブ交えブルペンで30球 練習後に鎌ケ谷市長が電撃訪問

変化球解禁!大谷、カーブ交えブルペンで30球 練習後に鎌ケ谷市長が電撃訪問

特集:
大谷翔平
ブルペンで変化球を投げた大谷。その表情は充実そのもの(撮影・中田愛沙美)

ブルペンで変化球を投げた大谷。その表情は充実そのもの(撮影・中田愛沙美)【拡大】

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)が30日、千葉・鎌ケ谷市の日本ハム2軍施設でブルペン入り。昨年10月に右足首を手術後、初めて変化球を交えて30球を投げた。

 25日のブルペン投球では直球のみ32球。この日は、カーブ9球を交えて変化球を解禁した。力強い球を投げ込み、投球を受けた日本ハム・柴田悠介2軍ブルペン捕手からは「ナイスボール!」と声が上がった。

 2月14日(現地時間)にバッテリー組のキャンプインを迎えるため、近日中に渡米予定。オフに自主トレを行うなど鎌ケ谷市の知名度アップに貢献してきた大谷だけに、練習後には同市の清水聖士市長(57)が激励のため2軍施設を電撃訪問した。握手を交わし「5年間、鎌ケ谷にいてくれてありがとう。市民がメジャーでの活躍を期待している」と感謝を伝えられた。

 任命されれば第1号となる名誉市民について、同市長は「いまのところ考えていないが、活躍すれば」と期待を寄せた。大谷のリハビリは順調そのもの。旅立ちの時は、着々と近づいている。 (中田愛沙美)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 変化球解禁!大谷、カーブ交えブルペンで30球 練習後に鎌ケ谷市長が電撃訪問