2018.1.25 14:17

大谷、手術後初の本格投球 ブルペンで座った捕手に32球

大谷、手術後初の本格投球 ブルペンで座った捕手に32球

特集:
大谷翔平

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が25日、自主トレーニングを行っている千葉県鎌ケ谷市の古巣プロ野球日本ハムの球団施設で、昨年10月の右足首手術後初めてブルペンで本格的な投球練習を行った。

 これまでは立った状態の捕手に投げていたが、座った相手に感覚を確かめるように直球を32球投げた。見守った日本ハムのトレーナーは「確認程度だと思う。(順調)だと思います」と状態が上がってきていると認めた。

 リハビリの内容はエンゼルスと日本ハムのトレーナー陣が連絡を取り合って決めているが、この日の投球練習再開はエンゼルス側からの要望だったという。フリー打撃は24日に再開し、投打ともに消化すべき練習メニューはほぼこなした。エンゼルスは2月14日(現地時間)にバッテリー組がキャンプインを迎える。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、手術後初の本格投球 ブルペンで座った捕手に32球