2018.1.17 15:25

大谷が術後初ブルペン 捕手立たせたまま回復アピール30球

大谷が術後初ブルペン 捕手立たせたまま回復アピール30球

特集:
大谷翔平
右足首の手術後、初めてブルペン入りしたエンゼルス・大谷=千葉県鎌ケ谷市

右足首の手術後、初めてブルペン入りしたエンゼルス・大谷=千葉県鎌ケ谷市【拡大】

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は17日、自主トレーニングを行っている千葉県鎌ケ谷市の古巣プロ野球日本ハムの球団施設で、昨年10月の右足首手術後初めてブルペン入りした。

 捕手を立たせたまま、感触を確認するように軽く30球投げ、手術と同時期に受けていた右肘治療からも順調な回復を示した。リハビリに付き合う日本ハムのトレーナーは「もっと強い強度で立ち投げをする前の、確認程度。(マウンドの)傾斜で(右足を)引きずる動きを確かめながら。今日ぐらいなら問題ない」と語った。

 今後は徐々に強度を上げ、2月14日(現地時間)のバッテリー組のキャンプインまでに捕手を座らせた本格的な投球練習を行う可能性がある。エンゼルスとは小まめに連絡を取り合ってリハビリのメニューを決めており、同トレーナーは「エンゼルスの要望をもらい、僕らのプランニングと翔平(の意見)も入れてミックスさせている」と説明した。

  • 右足首の手術後、初めてブルペン入りしたエンゼルス・大谷=千葉県鎌ケ谷市
  • ダッシュを繰り返す大谷=千葉県鎌ケ谷市(撮影・長尾みなみ)
  • ダッシュを終え、芝生の上に倒れこむ大谷=千葉県鎌ケ谷市(撮影・長尾みなみ)
  • 髪についた芝を取ってもらう大谷=千葉県鎌ケ谷市(撮影・長尾みなみ)
  • 日本ハム・有原(手前)と話す大谷=千葉県鎌ケ谷市(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷が術後初ブルペン 捕手立たせたまま回復アピール30球