2018.1.6 09:25

星野仙一さん死去 名古屋で惜しむ声相次ぐ「愛ある人」「残念」

星野仙一さん死去 名古屋で惜しむ声相次ぐ「愛ある人」「残念」

1999年9月、リーグ優勝を果たし、ファンの声援に応える中日・星野仙一監督=神宮

1999年9月、リーグ優勝を果たし、ファンの声援に応える中日・星野仙一監督=神宮【拡大】

 「愛がある人だった」「残念」。70歳で亡くなった星野仙一氏がエースとして活躍し、監督も務めた中日の本拠地・名古屋市では6日、「闘将」の早すぎる死を悼む声が相次いだ。

 小学生のころからの中日ファンで、本人から直接サインボールももらったことがあるという名古屋市西区の自営業男性(52)は「熱い男で鉄拳制裁もあったけど、それでもみんなが付いてきたのは愛がある人だったから。ご冥福をお祈りする」と惜しんだ。

 「もっと野球界で頑張ってほしかった」と言うのは同区の公務員柳原誠一さん(53)。「素晴らしい名監督。まだ若いし、非常に残念。怒っている姿が印象的だが、選手を鼓舞し結果を出していた」と往年の姿を懐かしんだ。

白井文吾プロ野球中日オーナーの話「ただただ驚いています。現役時代の闘志あふれるピッチングに歓声を上げ、監督としての手腕に称賛を送った一人として、悲嘆に暮れています。球界を代表する野球人となった星野君は名古屋の宝。心からご冥福をお祈りします」

  • 1990年5月、巨人戦で主審に抗議する中日・星野仙一監督(右)
  • 中日時代の星野仙一投手=1979年
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 星野仙一さん死去 名古屋で惜しむ声相次ぐ「愛ある人」「残念」