2018.1.4 05:01

敵の歴史的偉業もたたえます!ロッテ、ZOZOマリンに「マレーロシート」

敵の歴史的偉業もたたえます!ロッテ、ZOZOマリンに「マレーロシート」

ZOZOマリンの左翼席に「マレーロシート」(手前から4席目)が設けられた

ZOZOマリンの左翼席に「マレーロシート」(手前から4席目)が設けられた【拡大】

 ロッテは3日、本拠地・ZOZOマリンスタジアムでの歴史的本塁打着弾地点を「レガシート」(レガシー席)と命名し、球界遺産として残すと発表した。すでに3カ所が決まっており、色を変えた特別装飾や記念プレートでファンが楽しめるものとなる。

 第1弾は、昨年7月15日のオールスター第2戦で鈴木が右翼席に突き刺したソロ。第2弾は同9月24日、井口監督が引退試合の九回に放った同点2ランで、バックスクリーン右の「ライト2列624番」がその席だ。

 そして第3弾は同9月29日の、プロ野球通算10万号本塁打。打ったのはオリックスのマレーロだが、球団は「たとえ敵でも歴史的な偉業はたたえたい」と、「レフト8列407番」を認定した。打たれた成田は「うれしいことではないが、ずっと忘れることがない。今度は自分がいい記録を打ち立ててみせる」と闘志を燃やす材料にした。

  • マレーロの10万号弾着弾点
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 敵の歴史的偉業もたたえます!ロッテ、ZOZOマリンに「マレーロシート」