2017.12.29 13:21

「八木阪神」、初Vならず 決勝で中日ジュニアにサヨナラ負け

「八木阪神」、初Vならず 決勝で中日ジュニアにサヨナラ負け

 NPB12球団ジュニアトーナメントの準決勝、決勝が29日、札幌ドームで行われ、現役時代は代打の切り札として活躍した阪神OBの八木裕氏(サンケイスポーツ専属評論家)が監督を務める阪神ジュニアが日本ハムを7-0で下し、2年連続の決勝進出を決めた。

 同日の決勝では中日ジュニアと対戦。0-0で迎えた七回裏、一死二塁から中日打者には左越えにサヨナラ打を浴びた。初優勝はならなかったが、阪神は2018年からアカデミー事業を始まることが決まっており、普及事業、野球振興に向けて弾みのつく結果となった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 「八木阪神」、初Vならず 決勝で中日ジュニアにサヨナラ負け