2017.12.28 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】南海時代のユニークエピソード続々

【乾坤一筆】

南海時代のユニークエピソード続々

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆

 45年来の絆は、深い。監督と選手、兄貴と弟分の関係は変わらないと、つくづく思う。

 つい先日、野村克也氏(サンケイスポーツ専属評論家)を囲む会があった。今月8日に沙知代夫人を亡くした野村氏を、励ますための集まりで、江本孟紀氏(同)も参加。1972-75年に南海ホークス(ソフトバンクの前身球団)で投手・江本、監督兼捕手・野村としてバッテリーを組んだ間柄だ。

 最初は沙知代さんをしのび、思い出話でしんみりしながら、やがて南海時代のユニークなエピソードが続々。明るい会になっていった。

 その1。春季キャンプの演習メニューで「マラソン」が行われたとき。江本氏ら数人が、近所を走っていたトラックの荷台に乗せてもらい、“キセル”してゴール地点に帰ってきた。野村氏はそれに気付いていて、「だれや、ズルしたのは。名乗りでい」-。

 その2。キャンプの宿舎に真夜中、門限破りの江本氏ら数人が“抜き足、差し足”で、壁づたいにこっそり帰ってきた。これも野村氏にバレていて、翌朝、「だれや、壁の上を歩いていたのは。名乗りでい」-。

 江本氏は「あれ、どうして分かったんですか。情報収集力と洞察力、すごかったですねえ」と感嘆しきり。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 【乾坤一筆】南海時代のユニークエピソード続々