2017.12.26 18:19

巨人を自由契約の村田が病院訪問「ともに前を向いて頑張っていきましょう」 

巨人を自由契約の村田が病院訪問「ともに前を向いて頑張っていきましょう」 

特集:
移籍・退団・引退
病院内で開かれた「ささえるん打基金」授与式に参加した村田(右)

病院内で開かれた「ささえるん打基金」授与式に参加した村田(右)【拡大】

 巨人を自由契約となった村田修一内野手(36)が26日、神奈川県立こども医療センターを訪問。今季の1安打につき1万円を積み立てる「ささえるん打基金」100万円などを寄付した。

 村田は2006年2月に長男・閏哉(じゅんや)君(11)が早産による未熟児として生まれ、NICU(新生児集中医療室)で生命の危機を乗り越えた経験から、横浜(現DeNA)在籍時の08年から新生児医療の支援を続けている。「ささえるん打基金」は、毎年シーズンの打撃成績に合わせた金額を寄付しており、院内設備などに使用されている。

 閏哉君とともに病棟を訪れた村田は、子供たちに「共に頑張ろう」と書いたサイン色紙を配って回った。神奈川県立病院機構から感謝状を贈られた村田は、入院中の子供たちや病院関係者へ「下を向かずに前に進んでいくことがみなさんへの励みになる。ともに前を向いて頑張っていきましょう」と語りかけた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人を自由契約の村田が病院訪問「ともに前を向いて頑張っていきましょう」