2017.12.24 05:01

ヤクルト・荒木、打撃フォーム改造で自己最高成績を「新しいことをやろうと」

ヤクルト・荒木、打撃フォーム改造で自己最高成績を「新しいことをやろうと」

 ヤクルト・荒木が打撃フォーム改造に着手している。8年目の今季は、いずれも自己最多の91試合で6本塁打、25打点。このオフは杉村巡回コーチの指導を受け、「より力強く。ボールを長く見られるように」と軸足の右足に体重が乗るよう、左足をより高く上げてバットを振っている。「うまくいくかは分からないけど、新しいことをやろうと思った」とさらなる進化を目指す。(戸田)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・荒木、打撃フォーム改造で自己最高成績を「新しいことをやろうと」