2017.12.22 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】意外だった大谷エンゼルス移籍

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

意外だった大谷エンゼルス移籍

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
大谷翔平

 大谷翔平投手のエンゼルス移籍を、驚きをもって受け止めた。本拠地球場や球団施設も大きな判断材料の一つとみていたのに、そうではなかったと思えるからだ。

 近年は球場を含めた施設の改修を行っている球団が多く、エ軍のそれは30球団の中でも古い部類に入っている。だから面談する球団を7球団に絞った際、エ軍は強調材料に乏しいと感じていた。7球団なら、その気になれば実際に見に行くことが可能だったはず。しかし、大谷にとって環境面の優先順位は必ずしも高くなくて、二刀流としての起用法や年間を通して温暖な西海岸の気候が決め手になったのだろう。

 面談する7球団に提示された右肘の診断結果が情報機関に漏れ、記事化されたことを米大リーグ機構が問題視しているのも“大物”の証明だ。私の米国在住の知人は「話を聞いてもらえなかったヤンキースは、かなりショックを受けたらしい。大谷には、これまでの日本の大リーガーにない新鮮さを感じる」という。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】意外だった大谷エンゼルス移籍