2017.12.17 05:01

大谷、スパイクで手術後初“ダッシュ”

大谷、スパイクで手術後初“ダッシュ”

特集:
大谷翔平
大谷はスパイクを履いて短いダッシュをこなすなど、調整は順調だ(撮影・吉澤良太)

大谷はスパイクを履いて短いダッシュをこなすなど、調整は順調だ(撮影・吉澤良太)【拡大】

 大谷は16日、千葉・鎌ケ谷市にある日本ハムの2軍施設で自主トレを行った。帰国後初めての土曜日とあって、前日のおよそ3倍の300人超のファンが集結。寮と球場を結ぶ通路には警備員が2人配置された。約2時間の練習では、10月の右足首手術後、初めてスパイクを履いての短距離走を行った。本田トレーナーは「スパイクを履いてどうかという確認をした」と説明。さらに2日ぶりにキャッチボール(最長約70メートル)をこなし、屋内練習場ではマシンを相手に約30分間打ち込んだ。

  • ダッシュの前にスパイクに履き替えた大谷=ファイターズタウン鎌ケ谷(撮影・吉澤良太)
  • ダッシュをする大谷=ファイターズタウン鎌ケ谷(撮影・吉澤良太)
  • ダッシュをする大谷=ファイターズタウン鎌ケ谷(撮影・吉澤良太)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷、スパイクで手術後初“ダッシュ”