2017.12.14 05:03(1/2ページ)

元中日エースの小松氏が死亡事故、乗用車運転し自転車男性と衝突

元中日エースの小松氏が死亡事故、乗用車運転し自転車男性と衝突

2度目の最多勝に輝いた1987年当時の小松さん

2度目の最多勝に輝いた1987年当時の小松さん【拡大】

 名古屋市東区赤塚町の交差点で12日午後10時ごろ、元中日投手で飲食店経営、小松辰雄さん(58)が運転する乗用車が、横断していた自転車の男性と衝突した。男性は病院に搬送されたが、約10時間後の13日朝、急性硬膜下血腫で死亡した。

 愛知県警東署によると、現場は信号機と横断歩道のある交差点。小松さんは交差点を直進しようとしたところ、左から来た自転車と衝突したという。男性は30代ぐらいとみられ、同署は身元の確認を急いでいる。小松さんは仕事からの帰宅途中で、同乗者はいなかった。

 同署が小松さんから事情を聴くなどし、詳しい事故の状況を調べている。

 小松さんは1978(昭和53)年、ドラフト2位で石川・星稜高から中日に入団。テレビ中継で球速のスピードガン表示が始まった79年、プロ2年目で抑えを任され、6勝16セーブをマーク。150キロを超える速球で三振を奪う投球が人気を集め、『スピードガンの申し子』と呼ばれた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 元中日エースの小松氏が死亡事故、乗用車運転し自転車男性と衝突