2017.12.12 10:00(1/5ページ)

【週刊カープ】D1・中村、甲子園大会最多6発秘話「ボール縫い目まで見えた」

【週刊カープ】

D1・中村、甲子園大会最多6発秘話「ボール縫い目まで見えた」

特集:
週刊カープ
2018年のキャッチフレーズを手に、決意を語った中村奨(撮影・鳥越瑞絵)

2018年のキャッチフレーズを手に、決意を語った中村奨(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 オフ恒例の特別企画サンスポデイリースペシャル「週刊カープ」の最終回は、ドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵高=のスペシャルインタビューだ。今夏の甲子園大会で1985年の清原和博(PL学園高)を抜き、1大会個人最多となる6本塁打を放った“怪物”は「その感覚を大事にしてやっていきたい」とプロ入りへ向けた思いを語った。 (聞き手=柏村翔)

【続きを読む】

  • 広島・ドラフト1位の中村奨成
  • 8月22日、天理との準決勝で大会6本目の本塁打を放つ中村奨
  • 新入団高卒ドラフト1位選手
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 【週刊カープ】D1・中村、甲子園大会最多6発秘話「ボール縫い目まで見えた」