2017.12.8 08:00

【小早川毅彦の打診球診】清宮、一塁以外も十分こなせる

【小早川毅彦の打診球診】

清宮、一塁以外も十分こなせる

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
清宮は早実高で守り慣れた一塁だけではなく、ほかのポジションにも挑戦する

清宮は早実高で守り慣れた一塁だけではなく、ほかのポジションにも挑戦する【拡大】

 日本ハム・栗山英樹監督(56)が7日、北海道・仁木町の銀山小学校などを訪問し、ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=について、高校時代の一塁にこだわらず三塁、外野にも挑戦させると示唆。

 清宮に一塁守備以外もトライさせるのは、チームにとっても、清宮にとっても当然のこと。デメリットは一つもない。早実高で一塁に固定されたのは、打撃が桁違いにすごく、他のポジションをやらせる時間も必要もなかったからではないか。

 もともとは投手だから肩は強い。体形や走り方で足が遅そうに思う人もいるだろうが、実際には速いし、動きもよくて器用だ。

 私は広島入団1年目のキャンプで三塁の練習をしたが、公式戦での守備デビューは、法大時代に守っていた右翼だった。

 経験のあるところはいつでもやれるし、プロではいろいろなことにトライする時間がある。彼の能力からすると、捕手、二塁、遊撃といった“特殊”なポジションでない限り、十分にこなせると思う。 (サンケイスポーツ専属評論家)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【小早川毅彦の打診球診】清宮、一塁以外も十分こなせる