2017.12.7 10:00(1/3ページ)

【仙六列伝】社会人経て燕D1の石山泰稚、今季は自己最多66試合登板/東北スポーツ

【仙六列伝】

社会人経て燕D1の石山泰稚、今季は自己最多66試合登板/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
神宮球場で力投する石山。ヤクルトに入団して5年。中継ぎで活躍している

神宮球場で力投する石山。ヤクルトに入団して5年。中継ぎで活躍している【拡大】

 「仙六」の呼び名で親しまれている仙台六大学リーグからプロ入りした選手を紹介する。第42回は東北福祉大からヤマハを経て、ヤクルト入りした石山泰稚投手(29)。大学時代はリーグ通算2勝にとどまり、4年秋にプロ志望届を提出したが指名されなかった。だが、社会人野球で2年プレーした後、ドラフト1位でヤクルト入団。在籍5年目の今季は、シーズン自己最多の66試合に登板した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【仙六列伝】社会人経て燕D1の石山泰稚、今季は自己最多66試合登板/東北スポーツ