2017.12.3 13:00

【球界ここだけの話(1108)】V旅行辞退した広島・鈴木がリハビリ継続 契約更改で笑顔だった理由?

【球界ここだけの話(1108)】

V旅行辞退した広島・鈴木がリハビリ継続 契約更改で笑顔だった理由?

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
11月29日に行われた契約更改交渉後、終始笑顔だった広島・鈴木

11月29日に行われた契約更改交渉後、終始笑顔だった広島・鈴木【拡大】

 広島・鈴木誠也外野手(23)が11月29日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸9000万円でサインした。終始笑顔だったのは、年俸アップ以外にも理由があった。

 「けがをして、野球ができることが当たり前ではないことがわかった。今はいろいろなことに感謝しています。調子に乗るとけがをする。いい人になって、けがをしないようにしたいです」

 今季は4月後半から4番に定着し、115試合で打率・300、26本塁打、90打点。8月23日のDeNA戦(横浜)で右足首を骨折するまで、主砲としてチームを引っ張った。

 シーズン中には4番の重圧もあり、凡退が続くときにはベンチで感情を抑えきれないこともあった。「感情的に不安定だったこともありました。波をなくしたい」と生まれ変わることを誓った。

 チームは米ハワイで優勝旅行中だが、鈴木は参加を辞退。大野練習場などでリハビリを続けている。けがの回復具合については「日常生活に支障のない程度」。すでに打撃練習を再開し、来年2月の春季キャンプを見据えている。

 「焦ってやって、けがが再発するのはよくない。しっかりと段階を踏んでやっていきたい」

 来季カープの4番は誰になるか、注目を集めている。走攻守そろった鈴木をはじめ、勝負強さの光る新井、オフに「4番を打ちたい」と宣言している松山、怪力のバティスタとライバルは多い。

 鈴木は「松山さんがとか、誰がライバルというわけではない。できることをやるだけ。僕がやることをやっていれば、4番を打たせてもらえると思う」と静かに闘志を燃やした。

 シーズン途中で離脱したにもかかわらず、ゴールデングラブ賞とベストナインをダブル受賞。「納得していない人もいると思う。そういう人を黙らせるぐらいの活躍をしたいです」。心身ともに成長した背番号「51」がチームを勝利に導き、ファンを笑顔にする。(柏村翔)

  • 大野練習場などでリハビリを続ける鈴木
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 【球界ここだけの話(1108)】V旅行辞退した広島・鈴木がリハビリ継続 契約更改で笑顔だった理由?