2017.12.2 09:49

大谷が直接面談も 争奪戦へ“1次選考”既にスタート

大谷が直接面談も 争奪戦へ“1次選考”既にスタート

特集:
大谷翔平

 ポスティングシステムの新協定が発効し、大谷とメジャー球団との交渉がようやく始まる。投打の「二刀流」という注目度の高さで米メディアでも連日、主役になっている23歳の移籍先に関心が移る。

 代理人のバレロ氏は二刀流に挑む上での環境やサポート面などについて、書面による回答を各球団に求めた。事実上の“1次選考”はスタートしている。既にヤンキース、レンジャーズなどが提出し、これから争奪戦はさらに過熱する。

 11日から14日まではフロリダで全30球団の編成担当者や代理人が集まるウインターミーティングが開催され、大物選手の移籍交渉はピークを迎える。バレロ氏も部屋を貸し切り、各球団との面談を重ねることだろう。「顔を突き合わせた直接交渉で球団の本気度が分かる。ここで振り落とされる球団も出てくるはず」と、ある代理人事務所の関係者は話す。

 大谷自身は既に渡米。バレロ氏とロサンゼルスで打ち合わせを行っているとみられ、ウインターミーティング前に直接面談を行う可能性がある。身体検査を経て、遅くても米国時間22日までには新天地が決まる。ファンに最高のクリスマスプレゼントを贈れる球団はどこになるのか。交渉の行方から目が離せない。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷が直接面談も 争奪戦へ“1次選考”既にスタート