2017.11.18 05:03(3/4ページ)

阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」

阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」

阪神・江越の年度別打撃成績

阪神・江越の年度別打撃成績【拡大】

 片岡ヘッド兼打撃コーチは「右で当たらんから。ハッキリ言って。それなら左でやってみたらどうかと。そんなに甘くないけど、挑戦できる時期だから」と説明した。チームでは大和が昨オフ、右打ちから両打ちに挑戦。昨季の打率・231から今季は同・280へ向上した。打者としてのタイプは違うが、成功例を目の当たりにし「大和さんも、左をやり出して右の感覚も良くなったと言っていた」と江越。同じ方法で、再浮上のきっかけをつかむ構えだ。

 屋外のロングティーでは、左打ちでサク越えも放ってみせた。居残りの特訓も見届けた金本監督は「左の方がバランスもスイングもいい」と評価して「いいものが出てくればいいと思う。(江越の)守備力と足はほしいわね。使いたいよね」と進化を願った。

 もちろん江越も覚悟を決めている。「来年は勝負の年。そろそろ1軍に定着していかないと」。打撃で新境地を切り開き、外野の枠をつかみとってみせる。 (箭内桃子)

【続きを読む】

  • 江越は左打席に立ってスイッチに挑戦。必死で新たな“何か”をつかむ
  • 左打ちでロングティーに臨む阪神・江越=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」