2017.11.15 18:30

稲葉監督も台湾の打線の軸、王柏融を警戒 WBC壮行試合で則本から鮮烈な一発

特集:
侍ジャパン
公式記者会見後、健闘を誓い合う(左から)日本代表・稲葉監督、台湾代表・洪一中監督、韓国代表・宣銅烈監督=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

公式記者会見後、健闘を誓い合う(左から)日本代表・稲葉監督、台湾代表・洪一中監督、韓国代表・宣銅烈監督=東京ドーム(撮影・吉澤良太)【拡大】

 新設された野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は16日に東京ドームで予選リーグの日本-韓国が行われ開幕する。

 台湾は陽岱鋼(巨人)や呉念庭(西武)、台湾プロ野球で2年連続打率4割をマークした王柏融がいる打線が強力だ。中でも、洪一中監督は「彼にかかっていると言っても過言ではない」と王柏融に期待を寄せた。

 王柏融は今年2月に台湾プロ野球選抜の一員として来日し、WBC日本代表との壮行試合で則本(楽天)から放った一発で鮮烈な印象を残した。日本の稲葉監督も「打線の軸。警戒しないといけない」と語った。

試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 稲葉監督も台湾の打線の軸、王柏融を警戒 WBC壮行試合で則本から鮮烈な一発