2017.11.15 18:06

韓国・宣銅烈監督、日本の機動力を警戒! 先発はクイック得意の投手起用

韓国・宣銅烈監督、日本の機動力を警戒! 先発はクイック得意の投手起用

公式記者会見後、健闘を誓い合う(左から)日本代表・稲葉監督、台湾代表・洪一中監督、韓国代表・宣銅烈監督=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

公式記者会見後、健闘を誓い合う(左から)日本代表・稲葉監督、台湾代表・洪一中監督、韓国代表・宣銅烈監督=東京ドーム(撮影・吉澤良太)【拡大】

 新設された野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は16日に東京ドームで予選リーグの日本-韓国が行われ開幕する。

 かつて中日で活躍した韓国代表の宣銅烈監督は日本代表の機動力を警戒した。「足の速い選手が多い。それを止めたい」と、先発投手にクイック投法が得意だという張現植の起用を決めた。

 抑えとして一時代を築いた宣銅烈監督は投手起用にも気を使う。「(先発が)良ければ五、六回まで投げてほしい。そうでなければ投手が12人いるので、短いイニングでできるだけ活用していきたい」と小刻みな継投も視野に入れていた。

試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 韓国・宣銅烈監督、日本の機動力を警戒! 先発はクイック得意の投手起用