2017.11.15 11:02

103敗から見事巻き返す モリター監督「全員の貢献に感謝」

103敗から見事巻き返す モリター監督「全員の貢献に感謝」

 米大リーグの最優秀監督賞が14日に発表され、ア・リーグはツインズのモリター監督、ナ・リーグはダイヤモンドバックスのロブロ監督がともに初めて受賞した。

 ツインズのモリター監督は2016年にレギュラーシーズンで103敗を喫した。そこから見事に巻き返し、就任3年目でチームを7年ぶりのプレーオフ進出へと導いた。61歳での最優秀監督賞に「チームやスタッフの努力が反映されたもの。全員の貢献に感謝したい」と喜びを口にした。

 選手としては通算3319安打、504盗塁などの実績を誇る。米国野球殿堂入りを果たした後、この賞に選ばれたのは、1989年にオリオールズを指揮したフランク・ロビンソン氏以来2人目だ。

 イチローがマリナーズでメジャー年間最多安打記録を樹立した2004年の打撃コーチで、信頼関係を築いている。15年に故郷のミネソタ州で初めて監督に。予算が限られるチームを立て直し、選手としても指導者としても、一流であることを証明した。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 103敗から見事巻き返す モリター監督「全員の貢献に感謝」