2017.11.14 10:00

日体大・古城監督、好リードの馬場を高評価/東北スポーツ

日体大・古城監督、好リードの馬場を高評価/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 明治神宮野球大会第4日(13日、神宮)大学の部2回戦で、13年ぶり12度目出場の日体大(関東1)が九州共立大(九州)を延長十回タイブレークの末、7-1で下し、前回出場時以来の準決勝進出を決めた。

 古城隆利監督は好リードで勝利に貢献した馬場に「スクイズ以外は100点。テンポがよくいいリードだった」とほめちぎった。一方、打撃は1-1で迎えた九回一死満塁でスクイズを失敗(捕ゴロ)するなど4打数無安打。馬場は「打てたらいいんですけど、今は打撃は頭に入れていない。守備で貢献すると割り切っています」と苦笑い。まずは優勝へ向けてディフェンスでチームを盛り上げる。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 日体大・古城監督、好リードの馬場を高評価/東北スポーツ