2017.11.14 10:00(1/3ページ)

2年馬場が好リード!日体大、タイブレークで九州共立大破り4強/東北スポーツ

2年馬場が好リード!日体大、タイブレークで九州共立大破り4強/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
審判からボールを受け取る馬場。正捕手として活躍している(撮影・加藤圭祐)

審判からボールを受け取る馬場。正捕手として活躍している(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 明治神宮野球大会第4日(13日、神宮)大学の部2回戦で、13年ぶり12度目出場の日体大(関東1)が九州共立大(九州)を延長十回タイブレークの末、7-1で下し、前回出場時以来の準決勝進出を決めた。宮城県多賀城市出身の馬場龍星捕手(2年)=青森・八戸学院光星高=は「8番・捕手」で先発出場。1年春からレギュラーを獲得した日体大の若き頭脳は、先輩2投手を好リードし勝利に貢献。1980年以来37年ぶりの優勝へ突き進む。

【続きを読む】

  • 九州共立大を下し、ベスト4進出を喜ぶ日体大の選手
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 2年馬場が好リード!日体大、タイブレークで九州共立大破り4強/東北スポーツ