2017.11.14 05:01

創成館、チームで意識統一し強敵相手に12安打!/神宮大会

創成館、チームで意識統一し強敵相手に12安打!/神宮大会

4回、投球する創成館・川原=神宮(撮影・加藤圭祐)

4回、投球する創成館・川原=神宮(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 明治神宮野球大会 第4日(13日、神宮)高校の部の準決勝で、初出場の創成館(九州)と明徳義塾(四国)が決勝進出を決めた。創成館は大阪桐蔭(近畿)に7-4で、明徳義塾は静岡(東海)に5-3で勝った。大学の部は日体大(関東1)が4強入り。1-1で迎えたタイブレークの延長十回に6点を勝ち越し、7-1で九州共立大(九州)を下した。

 大阪桐蔭から12安打で7点を奪取。三回に勝ち越し打を放った主将の峯は「勝てたことにびっくりしている。夢のよう」と口にした。三回の攻撃前、峯は「ノーステップにして、高めを捨てよう」と呼び掛けた。2ストライクと追い込まれたときは足を上げないのがチームの決め事。だが速球派の柿木に対し、カウントにかかわらずコンパクトな打撃を実践した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の創成館・七俵=神宮(撮影・加藤圭祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 創成館、チームで意識統一し強敵相手に12安打!/神宮大会