2017.11.13 20:32

救援の日体大・東妻、打者11人に9奪三振「わくわく感があった」/神宮大会

救援の日体大・東妻、打者11人に9奪三振「わくわく感があった」/神宮大会

試合に勝利し、グラブを挙げる日体大・東妻勇輔=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

試合に勝利し、グラブを挙げる日体大・東妻勇輔=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 明治神宮野球大会準々決勝(13日、日体大7-1九州共立大=延長十回タイブレーク、神宮)13年ぶり出場の日体大がタイブレークを制した。古城監督は「負けパターンを投手が救ってくれた。東妻が九回を3者三振に取り、その勢いで攻められた」とほっとしていた。

 七回から救援の東妻は打者11人に対し9奪三振とすごみある投球。「念願の全国大会で投げられるわくわく感があった。三振は腕が振れたから取れた」と、今秋のリーグ戦で無安打無得点試合を達成した右腕は満足そうだった。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の日体大・松本航=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 救援の日体大・東妻、打者11人に9奪三振「わくわく感があった」/神宮大会