2017.11.11 10:00(8/8ページ)

【THE 核心】阪神・矢野2軍監督の掟!「初球から全部振りにいけ」

【THE 核心】

阪神・矢野2軍監督の掟!「初球から全部振りにいけ」

インタビューに応じた矢野2軍監督。とにかく積極性を求め元気のいい選手を使っていく考えだ

インタビューに応じた矢野2軍監督。とにかく積極性を求め元気のいい選手を使っていく考えだ【拡大】

 --掛布前2軍監督はファンサービスを強化して環境を作った。矢野2軍監督のファンサービスのアイデアは

 「俺、自分で言うのもなんやけど、そこはもともとあるで。タイガースの選手がもともとサインせーへんかっただけで、俺キャンプでもずっとサインしていたし。昼間のキャンプでの土日のサイン会も俺が提案した。やっぱり俺らってプロやから。ファンの人にプラスアルファ喜んでもらわないあかんと思うのよ。サインするだけがファンサービスとも思っていないし、捕手にはチームの勝利に貢献できるように頑張りますとか、そんなしょうもないヒーローインタビューはするなっていっていたから。あいつ応援したいなとか、あいつ見たいなと思ってもらえるようになってほしいし」

 --2軍監督自身も

 「勝ちゃいいっていうのはもちろんそれはそうなんだけど、そこによりプラスアルファの部分があったほうが、より愛してもらえる。『矢野! 矢野!!』と呼ばれて無視するのと、「矢野!!」と呼ばれてぱっと目を合わすだけでもファンの人は違うわけだから。さらに手をあげるだけでも、もっと喜んでもらえるわけやし、さらにどこから来たの? と聞いたら、もっとうれしいことになる。だから、そういうことをできたらなと」

 (注)下柳剛投手は矢野2軍監督と同じ1968年生まれの同級生で、2003年に日本ハムからトレードで加入し、バッテリーを組んだ。前オリックス2軍投手コーチの星野伸之氏は阪急、オリックスで活躍した後、フリーエージェントで00年から阪神で3年間プレーし、一緒にプレーした。

矢野 燿大(やの・あきひろ)

 本名・矢野輝弘。元捕手。1968(昭和43)年12月6日生まれ、48歳。大阪府出身。桜宮高から東北福祉大を経て、91年D2位で中日に入団。98年に交換トレードで阪神に移籍。正捕手として2003年、05年のチームのリーグ優勝に貢献。10年に引退。16年から阪神の作戦兼バッテリーコーチに就任。このオフから同2軍監督に就任した。通算1669試合に出場、打率・274、112本塁打、1347安打、570打点。ベストナイン3度、ゴールデングラブ賞2度受賞。08年北京五輪日本代表。右投げ右打ち。1メートル81、77キロ。

  • 先月のみやざきフェニックス・リーグで笑みを浮かべながら、北條(手前)にトスを上げる矢野2軍監督
  • 守屋(手前)の投球を見守る矢野2軍監督(左)。投手育成も大事な仕事
  • みやざきフェニックス・リーグで梅野(右)のキャッチングを後ろから見つめる矢野2軍監督
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【THE 核心】阪神・矢野2軍監督の掟!「初球から全部振りにいけ」