2017.11.11 05:01

侍J・稲葉監督、公約通り打撃投手 84球投げ4本塁打献上

特集:
侍ジャパン
練習で打撃投手(バッティングピッチャー)を務める稲葉篤紀監督=宮崎市清武総合運動公園(撮影・村本聡)

練習で打撃投手(バッティングピッチャー)を務める稲葉篤紀監督=宮崎市清武総合運動公園(撮影・村本聡)【拡大】

 16日に開幕する「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する日本代表は10日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで合宿2日目を迎えた。

 稲葉監督が公約通り、フリー打撃で打撃投手を務めた。捕手の甲斐、田村、若月を相手に計84球を投げて4本塁打を“献上”。選手が硬くならないように冗談をまじえて声をかけながら、金子ヘッドコーチとともに投げた。「監督が投げれば選手も真剣になるから、いい打撃をしていた。僕も緊張感があったから肩は大丈夫です」と手応えを得た様子だった。

試合日程へ侍Jメンバーへ

関連

  • 練習で打撃投手を務める稲葉監督=宮崎市清武総合運動公園(撮影・村本聡)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 侍J・稲葉監督、公約通り打撃投手 84球投げ4本塁打献上