2017.11.11 11:24

大谷翔平が会見でメジャー挑戦を表明「来年以降、アメリカのほうで頑張りたい」

大谷翔平が会見でメジャー挑戦を表明「来年以降、アメリカのほうで頑張りたい」

会見で大リーグ移籍を表明する日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)

会見で大リーグ移籍を表明する日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が11日、午前11時から東京都内で公式会見を開き、ポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦を表明した。「昨日、球団の方にポスティングによるメジャー移籍をしたいと、気持ちを自分の口から伝えました。球団の方から温かい言葉をいただいたので、改めて来年以降、アメリカのほうで頑張りたいと報告させていただきました」と米大リーグ挑戦を自らの言葉で報告した。

 前日10日、栗山英樹監督(56)らと会談。ポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦が正式に認められていた。節目となったこの日の会見。大谷は「入団してから5年間、ファイターズでお世話になりました。自分のやってきたことが球団にとって、日本球界にとってプラスになっているのか、悩んだこともありました」と語り、「温かく指導してくださったコーチの方々や、チームメートの皆さん、球団の方々、そして栗山監督。いろいろな方に支えられて、この5年間、一日一日大切にしながら進んでこれたと思います。感謝しています」と感謝の気持ちを述べた。

 大谷は岩手・花巻東高3年時に160キロを計測。2012年のドラフト会議前に大リーグ挑戦を公言したが、日本ハムが強行1位指名。その後、栗山監督から投打二刀流を提案され、入団を決めた。2014年には、ベーブ・ルース以来の「2桁勝利(11勝)&2桁本塁打(10本)」を達成。会見では「いろいろ5年間ありましたけど、ファイターズに入って本当によかったと思ってますし、きっとそれは一生思うと思います」と前向きに捉え、「来年以降も応援していただきたらうれしいです」と呼びかけた。

大谷 翔平(おおたに・しょうへい)

 1994(平成6)年7月5日生まれ、23歳。岩手県出身。花巻東高から2013年ドラフト1位で日本ハム入団。1年目から投手と打者で活躍。14年にプロ野球初のシーズン2桁勝利&2桁本塁打。昨年は投手として10勝、打者として22本塁打、史上初めて投手とDHでベストナインを同時受賞。昨年のCSファイナルステージで日本最速165キロをマーク。1メートル93、92キロ。右投げ左打ち。独身。今季年俸2億7000万円。背番号11。

ポスティングシステム

 プロ野球選手が海外フリーエージェント(FA)資格取得前に米球界に移籍できる制度。5月に米大リーグ機構(MLB)が日本野球機構(NPB)に改定を申し入れて協議中。このオフは2013年12月に成立した制度を継続し、来オフから新制度に移行することで大筋合意している。従来の制度では日本球団が譲渡金を上限2000万ドル(約23億円)に設定し、支払う意思のある全ての大リーグ球団が選手と交渉できる。交渉期間は30日間。

  • 大リーグ移籍を表明する会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍を表明する会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 記者会見で、今オフに米大リーグへ挑戦する意向を表明したプロ野球日本ハムの大谷翔平選手=東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 記者会見に臨むプロ野球日本ハムの大谷翔平選手=東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 記者会見に臨むプロ野球日本ハムの大谷翔平選手=東京・内幸町の日本記者クラブ
  • 大リーグ移籍を表明する会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍を表明会見を終え、日本記者クラブから贈られたネクタイを見せる日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍を表明会見を終え、記念のサインを見せる日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍を表明する会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍会見にのぞむ日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
  • 大リーグ移籍会見で、咳をするやや体調の悪い日本ハム・大谷=東京都千代田区(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 大谷翔平が会見でメジャー挑戦を表明「来年以降、アメリカのほうで頑張りたい」