2017.11.11 05:04(4/4ページ)

11月11日11時に大谷が語る!都内で公式会見 日本ハムは全面バックアップ

11月11日11時に大谷が語る!都内で公式会見 日本ハムは全面バックアップ

特集:
大谷翔平
2006年11月1日、西武・松坂大輔(左)の会見に東京都内のホテルで約20台のテレビカメラと日米約150人の報道陣が詰めかけた

2006年11月1日、西武・松坂大輔(左)の会見に東京都内のホテルで約20台のテレビカメラと日米約150人の報道陣が詰めかけた【拡大】

大谷から米大リーグ挑戦の申し入れを受けた日本ハム・竹田球団社長「メジャーで二刀流で活躍することで、日本のファンが夢や感動を覚えて、大谷選手のようになりたい、頑張ろうと。そういう夢を与えるような活躍をメジャーでしてほしいと伝えた」

大谷について巨人・高橋監督「あれだけ飛ばせる打者もいなければ、あれだけ速い球を投げる投手もそうはいない。日本でずばぬけた身体能力を持った選手が、どれくらいやるのかは楽しみ」

★ポスティングでメジャー挑戦を表明した主な日本選手

 ◆オリックス・イチロー(2000年10月12日) 神戸市内のホテルで会見。100人を超す報道陣が集まった。

 ◆西武・松坂大輔(06年11月1日) 東京都内のホテルで約20台のテレビカメラと日米約150人の報道陣が詰めかけた。

 ◆日本ハム・ダルビッシュ有(11年12月8日) 自身のブログで表明。翌年1月19日にレンジャーズ移籍が決定し、同21日にレ軍本拠地で入団会見。同24日には1万811人の観衆が集まった札幌ドームで退団会見を実施。

 ◆楽天・田中将大(13年12月17日) 球団事務所で会見。テレビカメラ10台、約50人の報道陣の前で会見。

 ◆海外FAでは巨人・松井秀喜も(02年11月1日) 東京都内のホテルで200人を超える報道陣を前にして厳しい表情を浮かべながら自身の決断を明かした。 【注】日付は日本時間

ポスティングシステム

 プロ野球選手が海外フリーエージェント(FA)資格取得前に米球界に移籍できる制度。5月に米大リーグ機構(MLB)が日本野球機構(NPB)に改定を申し入れて協議中。このオフは2013年12月に成立した制度を継続し、来オフから新制度に移行することで大筋合意している。従来の制度では日本球団が譲渡金を上限2000万ドル(約23億円)に設定し、支払う意思のある全ての大リーグ球団が選手と交渉できる。交渉期間は30日間。

  • 大谷は東京都内で竹田球団社長、栗山監督と“会談”するために、鎌ケ谷市の寮をスーツ姿で出発した(撮影・大橋純人)
  • “容認会見”に出席した竹田球団社長(左)と栗山監督は笑顔。大谷のメジャー挑戦を後押しする(撮影・長尾みなみ)
  • 2000年10月12日、神戸市内のホテルで会見したオリックス・イチロー
  • 2011年12月8日、札幌ドームで退団会見を実施した日本ハム・ダルビッシュ有
  • 2013年12月17日、球団事務所で会見した楽天・田中将大
  • 2002年11月1日、東京都内のホテルで200人を超える報道陣を前にして厳しい表情を浮かべながら自身の決断を明かした、巨人・松井秀喜
  • 大谷の米大リーグ挑戦について会見する日本ハム・栗山監督=東京都文京区(撮影・長尾みなみ)
  • 大谷の米大リーグ挑戦について会見する日本ハム・栗山監督=東京都文京区(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 11月11日11時に大谷が語る!都内で公式会見 日本ハムは全面バックアップ