2017.11.10 05:00

【金本監督アニトーク】投手陣は「体も疲れもピーク」

【金本監督アニトーク】

投手陣は「体も疲れもピーク」

金本監督(中央)はノックの打球から笑顔で逃げる。藤浪の復調にご機嫌!?

金本監督(中央)はノックの打球から笑顔で逃げる。藤浪の復調にご機嫌!?【拡大】

 阪神秋季キャンプ(9日、安芸)

 --紅白戦は野手が活発だった

 「野手はね、何百と振っているからね。シーズン中もそれぐらい振らそうか(笑)」

 --中谷が藤浪から一発

 「まだまだ。真っすぐを打つときに一旦、止まるというか。球を見極める時間がまだまだできていない。流れたところに半速球がくると、きょうみたいな感じでホームランになる」

 --陽川は紅白戦2戦連発

 「2試合とも真っすぐを打っているからね。きょうは藤浪からか。前回は才木か。1軍レベルのストレートを狙って打てるようになれば、彼も先が見えてくるかも」

 --北條も監督の指導の効果が出てきた

 「…(首を10回ぐらい横に振る)」

 --投手陣はお疲れ

 「そうやな。追い込んで体もピーク、疲れもピークという見方もできる。でも、野手も振り込んで、疲れはピークは一緒。ちょっと投手はコントロールが悪い。岩貞はちょっときついね。スピードも出ていない。130キロ後半ぐらいか」

 --やはり疲れか

 「いや、今年1年、球が走ってなかったよ。去年はキレがあったのに」

 --藤浪は

 「抜け球さえなくなれば、抑える力は持っているわけだから。力を入れれば150キロ半ばは出る。制球重視でいいけれど、荒々しさもほしい」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【金本監督アニトーク】投手陣は「体も疲れもピーク」