2017.11.10 16:59

米メディア「大谷はバーゲン」 契約金は最高約4億円…松坂は61億円で契約

米メディア「大谷はバーゲン」 契約金は最高約4億円…松坂は61億円で契約

特集:
大谷翔平
大谷翔平

大谷翔平【拡大】

 プロ野球日本ハムは10日、大谷翔平選手(23)から今オフの米大リーグ挑戦の申し入れがあり、ポスティングシステムを利用することを認めると発表した。

 過去、日本選手では松坂がレッドソックスと6年総額約5200万ドル(当時約61億円)、ダルビッシュはレンジャーズと6年総額6000万ドル、田中はヤンキースと7年総額1億5500万ドルという巨額の契約でメジャー入りした。大谷は昨オフに大リーグ機構と選手会で合意した労使協定により、25歳未満のドラフト対象外の外国人選手扱いで最初はマイナー契約となり、契約金も各球団に上限が設けられている。

 既にドミニカ共和国、キューバなどの選手につぎ込んでいる球団もあり、AP通信によると外国人との契約の余剰金はレンジャーズの353万5000ドル(約4億円)が最高という。田中のヤンキースが325万ドル、ツインズが324万5000ドルで続き、100万ドルを超えるのもパイレーツ、マーリンズ、マリナーズを加えた計6球団にすぎない。

 ドジャース、カブスなど12球団は限度額を超えたことに対する罰則で、30万ドルに制限される。最低はインディアンスとロッキーズの1万ドル。

 年平均で2200万ドル以上稼ぐ田中に対し、大谷はメジャー契約に切り替わっても今季2億7000万円(推定)だった年俸が最低保障の54万5000ドル程度とされる。条件面で、かねて米メディアは「大谷はバーゲン」と報じている。(共同)

  • スーツ姿で寮を出発する日本ハム・大谷=鎌ヶ谷スタジアム(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 米メディア「大谷はバーゲン」 契約金は最高約4億円…松坂は61億円で契約