2017.11.10 20:47

日本航空石川・大橋、人生初のタイブレークのマウンドに/神宮大会

日本航空石川・大橋、人生初のタイブレークのマウンドに/神宮大会

10回、捕逸の間に日本航空石川の三走・中西堅太が生還しサヨナラ勝ちを決める=神宮球場(撮影・早坂洋祐)

10回、捕逸の間に日本航空石川の三走・中西堅太が生還しサヨナラ勝ちを決める=神宮球場(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 明治神宮野球大会1回戦(10日、神宮)開幕して1回戦が行われ、各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部で、日本航空石川(北信越)が延長十回のタイブレークで日大三(東京)に7-6でサヨナラ勝ちした。

 日本航空石川は初出場で勝利。大橋修人投手(2年)の好投が流れを呼んだ。六回途中から登板。6-5の九回に追いつかれ、十回に人生初のタイブレークのマウンドに立った。「チームが6点も取ってくれたんで、こんなところで点を取られてはいけない」。犠打で一死二、三塁も、日大三の3、4番を打ち取った。直後に相手の捕逸でサヨナラ勝利。中村隆監督は「守りで大橋が強気に攻めて無失点。それが一番の勝因」と右腕をたたえた。タイブレークは甲子園大会でも来春選抜から採用される。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 投球する日本航空石川・重吉翼=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 日本航空石川・大橋、人生初のタイブレークのマウンドに/神宮大会