2017.11.9 05:03

広島・大瀬良、大きく落ちるフォーク習得へ!「空振りとれるボールほしい」

広島・大瀬良、大きく落ちるフォーク習得へ!「空振りとれるボールほしい」

 ブルペンで投球する広島・大瀬良=宮崎県日南市

 ブルペンで投球する広島・大瀬良=宮崎県日南市【拡大】

 広島・大瀬良大地投手(26)が秋季キャンプ2日目の8日、ブルペンで130球を投げ込んだ。そのうち3分の1近い約40球がフォークボールで「自分は追い込んでから粘られてしまう。空振りがとれるボールがほしかった。落ちるフォークを投げられるようにしたい」と意欲を示した。

 今季は10勝2敗、防御率3・65で3年ぶりに2桁勝利を挙げた。これまで小さく落ちるフォーク、チェンジアップ、縦に変化するスライダーなどを投げていたものの、今キャンプでは大きく落ちるフォークの習得を目指す。さらに、ブルペンではピッチャーズプレートの立ち位置を一塁側から三塁側に変更。今後も2、3日に1度のペースでブルペンに入って100球以上の投げ込みを行うという。

 「六、七回につかまってしまうことが多い。しっかりスタミナを強化していきたい」

 来季5年目を迎える右腕は貪欲に秋を過ごして、さらなる進化を目指す。 (柏村翔)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・大瀬良、大きく落ちるフォーク習得へ!「空振りとれるボールほしい」