2017.11.8 11:23

ロッテ・涌井、FA権行使を表明「新たな可能性を探してみたい」

ロッテ・涌井、FA権行使を表明「新たな可能性を探してみたい」

ロッテ・涌井

ロッテ・涌井【拡大】

 ロッテ・涌井秀章投手(31)が8日、米大リーグ移籍を目指して海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。涌井は神奈川・横浜高から2005年にドラフト1巡目で西武に入団し、国内FA権を行使して14年にロッテ移籍。09年に沢村賞、07、09、15年に最多勝に輝き、今年9月に2度目のFA権の資格取得条件を満たした。プロ13年間で通算377試合に登板して123勝112敗37セーブ、防御率3・45。

 涌井は球団を通じてコメントを発表した。「このたびFAを宣言させていただくことにしました。いろいろと時間をかけて考えさせてもらった中で、この機会に新たな可能性を探してみたいという結論に至りました。もう少し時間をかけて返事をしようかとも思いましたが自分の中で意思が固まった中で結論を先延ばししてはご迷惑になるかと思い、本日、この形で皆様にはお伝えさせてもらいます。今回、初めて米国でワールドシリーズをスタンドで観戦させていただきました。観戦している中でいろいろな思いや感情が自然と湧き上がってきました。そういった自分の中の気持ちと向き合い、家族やいろいろな方と相談した中で今回の結論に至りました。今後、どのような方向へと向かうかは、まだまだ先のことで、簡単には結果は出ないとは思いますが温かく見守っていただければと思います」。

FA有資格選手一覧

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテ・涌井、FA権行使を表明「新たな可能性を探してみたい」