2017.11.8 16:16

日本ハムD7指名・宮台、球団2軍施設に目輝かす「大学時代はこんなレベルではなかった」

日本ハムD7指名・宮台、球団2軍施設に目輝かす「大学時代はこんなレベルではなかった」

特集:
2017ドラフト情報
日本ハムの施設見学を終え会見に臨む(左から)田中瑛斗、清宮幸太郎、宮台康平=鎌ヶ谷スタジアム(撮影・大橋純人)

日本ハムの施設見学を終え会見に臨む(左から)田中瑛斗、清宮幸太郎、宮台康平=鎌ヶ谷スタジアム(撮影・大橋純人)【拡大】

 ドラフト会議で7球団競合の末に日本ハムから1位指名を受けた東京・早実高の清宮幸太郎内野手が8日、千葉県鎌ケ谷市の球団2軍施設を見学した。「球場もきれいで2軍とは思えない場所。この環境に甘えず、1軍で早く活躍できるようにやっていければ」と気を引き締めた。

 寮内にあるウエートトレーニング場では大谷と初めてあいさつを交わし「(体が)大きくて顔が小さかった」と照れくさそうに印象を語った。大谷は米大リーグ移籍が濃厚で「少しでも一緒にやれたらと思っていて残念ではあるが、まだまだ手の届かない存在。早く追い付けるように頑張りたい」と憧れを語った。

 球場の内野席裏手には活躍した球団OBや現役選手のボードが掲げられている。「自分も名前を連ねたい思いも湧いてきた」と向上心を見せた。

 ドラフト7位指名され、東大出身6人目のプロ入りが確実な宮台康平投手も一緒に見学し「グラウンドも室内練習場も大学時代はこんなレベルではなかった。プロってすごい。一日一日を大切にしていこうと思った」と目を輝かせた。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハムD7指名・宮台、球団2軍施設に目輝かす「大学時代はこんなレベルではなかった」