2017.11.8 13:12(1/4ページ)

【単独インタビュー】DeNA・南場オーナー、夫の墓前で「シャンパン飲んだ」 首位・広島に3戦連続サヨナラ勝ちの夜

【単独インタビュー】

DeNA・南場オーナー、夫の墓前で「シャンパン飲んだ」 首位・広島に3戦連続サヨナラ勝ちの夜

この日、シーズン報告が行われ、南場オーナー(右)は笑顔でラミレス監督と固い握手を交わした (撮影・今野顕)

この日、シーズン報告が行われ、南場オーナー(右)は笑顔でラミレス監督と固い握手を交わした (撮影・今野顕)【拡大】

 セ・リーグ3位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き、日本シリーズでも奮闘を見せるなど今季のプロ野球を盛り上げたDeNA。日本球界初の女性オーナーとして手腕を発揮する南場智子氏(55)がサンケイスポーツのインタビューに答え、チームへの思い、来季以降の未来図を明かした。また、アレックス・ラミレス監督(43)は7日、東京・渋谷区の本社で南場オーナーにシーズン終了の報告を行った。 (取材構成・湯浅大、佐藤春佳)

 --日本シリーズに進出した今季を振り返って 「野球の面白さを示してくれたと思います。クライマックスシリーズ(CS)では一戦一戦、ステージが若い彼らを強くしているようなところがありました。そこに感動しているところです。長いレギュラーシーズンと短期決戦の戦い方は違う。監督が工夫し、実行した選手も素晴らしい。DeNAという球団は予定調和ではない、何をしでかすか分からないという、いい意味で驚きをもたらすところがあります。私もオーナーという立場ではありながら、野球ファンとしても楽しませてもらいました」

 --経営に参画した初年度のこと(注〔1〕)を思うと感慨深いのでは

 「関わってくれた全ての人たちに感謝していますし、ファンが後押ししてくれました。球団の取得を強く主張したのは春田さん(初代オーナーの春田真氏)ですし、非常に弱いときに観客を呼んでくれたのは中畑監督です。率先してファンサービスをしてくれた。ファンがたくさん来て、それに押されて選手も頑張る。陽循環へのシフトを作ってくれました」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【単独インタビュー】DeNA・南場オーナー、夫の墓前で「シャンパン飲んだ」 首位・広島に3戦連続サヨナラ勝ちの夜