2017.11.7 18:00

日本ハム・大谷、大リーグ挑戦表明「このタイミングで決めた」 代理人はバレロ氏

日本ハム・大谷、大リーグ挑戦表明「このタイミングで決めた」 代理人はバレロ氏

練習に向かう日本ハム・大谷=千葉県鎌ヶ谷市(撮影・加藤圭祐)

練習に向かう日本ハム・大谷=千葉県鎌ヶ谷市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が7日、米大リーグ挑戦を表明した。千葉・鎌ケ谷市の2軍施設での練習後に代理人がCAAスポーツのネズ・バレロ氏が就任することを認め、「(代理人は)自分が向こう(米大リーグ)に行くために、必ず必要なものなので、このタイミングで決めた」と明かした。

 花巻東高時代から米大リーグへの憧れを持ちながらも、2012年10月のドラフト会議で単独指名した日本ハムに入団。日本でプレーした5年間で既成概念を打ち破る投手と打者の“二刀流”として活躍し、2015年は投手として最多勝(15勝)、最優秀防御率(2・24)、最高勝率(・750)に輝き、日本一となった昨季は22本塁打を放ち、史上初となる投手と指名打者でのベストナインをダブル受賞した。

 この日は米報道などで代理人はバレロ氏が就任することが明らかになった。青木(メッツ)や田沢(マーリンズ)ら日本選手の他、クライアントに有力選手を多く抱えている「敏腕代理人」を味方に付け、今後はポスティング制度を利用した米挑戦を球団と話し合う予定。「自分で決めたことなので。話し合いは代理人に任せる」と語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・大谷、大リーグ挑戦表明「このタイミングで決めた」 代理人はバレロ氏