2017.11.7 05:00

【絆トーク】すっかり日本ハムになじんだ“バネさん”、エスコバーとのトレードは両球団にとって好例に

【絆トーク】

すっかり日本ハムになじんだ“バネさん”、エスコバーとのトレードは両球団にとって好例に

 “バネさん”がすっかりチームになじんだ。日本ハムの沖縄・国頭秋季キャンプに最年長で参加中の黒羽根利規捕手(30)が奮闘している。

 7月にエスコバーとの交換トレードでDeNAから加入。2015年を最後に古巣では1軍の出場機会がなかったが、新天地では19試合に出場。輝きを取り戻した。「僕は1年半、何もしてないみたいなもんでしたから。キャンプはいろんな投手の球を受けるいい機会」と志願し、秋季キャンプに参加した。

 人材活用の方法でもあるトレード。エスコバーも救援で日本シリーズに登板するなど、今回は両球団にとって、好例となった。 (日本ハム担当・桜木理)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【絆トーク】すっかり日本ハムになじんだ“バネさん”、エスコバーとのトレードは両球団にとって好例に