2017.11.6 05:03(1/3ページ)

大阪桐蔭・柿木、今度はピシャリ!夏の悪夢「よぎった」/秋季近畿大会

大阪桐蔭・柿木、今度はピシャリ!夏の悪夢「よぎった」/秋季近畿大会

力投する柿木。最後までしっかり投げ切って夏の悔しさを晴らした(撮影・中島信生)

力投する柿木。最後までしっかり投げ切って夏の悔しさを晴らした(撮影・中島信生)【拡大】

 秋季近畿大会最終日(5日、シティ信金スタ)決勝が行われ、大阪桐蔭が智弁和歌山を1-0で下し、2年ぶり3度目の優勝を果たした。先発したエース・柿木蓮投手(2年)が7安打8奪三振で完封した。大阪桐蔭は近畿地区代表として、10日から開幕する明治神宮野球大会に出場する。来春の選抜高校野球大会の出場校を決める重要な資料となる秋季大会は、この日で10地区すべてが終了した。

【続きを読む】

  • 高校野球地区大会の上位校
  • 夏の甲子園で、九回二死走者なしから逆転サヨナラ負けしたときの柿木
  • 六回、バックスクリーン右に決勝のソロ本塁打を放った根尾
  • 9回、最後の打者を打ち取り完封勝利。優勝を決めた大阪桐蔭・柿木=大阪シティ信金スタジアム(撮影・中島信生)
  • 智弁和歌山戦の6回、右中間へ決勝の本塁打を放つ大阪桐蔭・根尾=大阪シティ信用金庫スタジアム
  • 勝った大阪桐蔭ナイン=大阪シティ信金スタジアム(撮影・中島信生)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 大阪桐蔭・柿木、今度はピシャリ!夏の悪夢「よぎった」/秋季近畿大会