2017.11.6 05:01

智弁和歌山・高嶋監督、貧打を嘆く「こっちは打たん」/秋季近畿大会

智弁和歌山・高嶋監督、貧打を嘆く「こっちは打たん」/秋季近畿大会

高校野球地区大会の上位校

高校野球地区大会の上位校【拡大】

 秋季近畿大会最終日(5日、シティ信金スタ)決勝が行われ、大阪桐蔭が智弁和歌山を1-0で下し、2年ぶり3度目の優勝を果たした。

 智弁和歌山は1点が遠く初優勝を逃した。2番手・池田陽佑投手(1年)にスイッチした六回に痛恨の被弾。71歳の高嶋監督は「向こう(大阪桐蔭)は4番が打って、こっちは打たん」と貧打を嘆いた。それでも「投手に関しては100点。向こうは歯痒いでしょうけど、こっちはバッテリーが自信を持った」と手応えを感じていた。

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 智弁和歌山・高嶋監督、貧打を嘆く「こっちは打たん」/秋季近畿大会