2017.11.5 05:02

ソフトバンク・松坂が今季限りで退団 国内中心に新天地探し

ソフトバンク・松坂が今季限りで退団 国内中心に新天地探し

特集:
移籍・退団・引退

 ソフトバンク・松坂大輔投手(37)が、今季限りで退団することが4日、分かった。3年契約が満了し、球団との話し合いの末、自由契約を選択。国内を中心に新天地を探すとみられる。

 2015年に米球界から日本に復帰したが、右肩の故障に苦しみ3年間で1軍戦での登板は1試合。今季はオープン戦で復活の気配を見せたものの、再び右肩の不安を訴えて2軍でも登板なし。それでも9月下旬に「諦めずにやりたい」と現役続行への意欲を語っていた。

 松坂はこの日、早朝に福岡・筑後市のファーム施設で練習と荷物整理を終えた。今後は国内で練習を続ける。関係者によると8月に故障の原因が分かり、最近1カ月で急速に回復しているという。リハビリ担当コーチも「順調にいけば来春には(実戦で)投げられるんじゃないか」と説明した。

移籍・退団選手一覧

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク・松坂が今季限りで退団 国内中心に新天地探し