2017.11.4 14:45

智弁和歌山が決勝進出 乙訓に5-4でサヨナラ勝ち/秋季近畿大会

智弁和歌山が決勝進出 乙訓に5-4でサヨナラ勝ち/秋季近畿大会

9回、サヨナラ適時二塁打を放ちナインと喜ぶ智弁和歌山・根来塁(右)=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・須谷友郁)

9回、サヨナラ適時二塁打を放ちナインと喜ぶ智弁和歌山・根来塁(右)=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・須谷友郁)【拡大】

 来春のセンバツ出場の重要資料となる高校野球の秋季近畿大会の準決勝が4日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、智弁和歌山は近畿大会初出場の公立校・乙訓(京都)に5-4で九回サヨナラ勝ちし、4年ぶりに決勝に進出した。

 智弁和歌山は九回に3-4と勝ち越されたが、その裏に先頭から連続四球で無死一、二塁とし、6番・根来塁外野手(1年)が左中間へ逆転サヨナラ2点二塁打を放ち、劇的勝利を飾った。根来は「いまが一番いい状態。後ろにつなごうという気持ちだった」と殊勲打を振り返った。

 1点差の場面で、得点圏に走者2人を進める選択肢もあった中で、高嶋監督は「体は小さいけど打てる子。そこに賭けた」と采配が的中し、笑顔だった。

  • 9回、サヨナラ適時二塁打を放ちガッツポーズをして喜ぶ智弁和歌山・根来塁=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・須谷友郁)
  • 9回、サヨナラ適時二塁打を放つ智弁和歌山・根来塁=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・須谷友郁)
  • 先発の智弁和歌山・小堀颯=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・須谷友郁)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 智弁和歌山が決勝進出 乙訓に5-4でサヨナラ勝ち/秋季近畿大会