2017.11.4 20:27

DeNA、高城に続きシーズン0本男が貴重な一発 白崎が“得意”のソロ弾

DeNA、高城に続きシーズン0本男が貴重な一発 白崎が“得意”のソロ弾

5回、本塁打を放つDeNA・白崎=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

5回、本塁打を放つDeNA・白崎=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 DeNA・白崎浩之内野手(27)がソフトバンクとの日本シリーズ第6戦で、「7番・DH」としてシリーズ初スタメン。0-1の五回、左越えの同点1号ソロを放った。プロ5年目で通算13本塁打の男が大一番で貴重な一発を放った。13本すべてがソロだが、この日も“得意”のソロで同点にした。駒大の後輩に当たる先発の今永を援護した。

 「打ったのはスライダーだと思います。手応えはすごく良かったです。先発で起用してくれたチャンスを結果で返したいと思っていました。今永が頑張って投げているので、逆転できるように頑張ります」

 白崎は今季レギュラーシーズンでの本塁打はなかった。DeNAでは1日の第4戦でも、同じくシーズン0本の高城が本塁打を放っている。

試合結果へ日本シリーズ日程へ

  • 5回、本塁打を放ち走るDeNA・白崎=ヤフオクドーム(撮影・鳥越瑞絵)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA、高城に続きシーズン0本男が貴重な一発 白崎が“得意”のソロ弾