2017.11.2 05:00

ヤクルト・徳山が現役引退 広報部へ「新しい道で頑張っていきたい」

ヤクルト・徳山が現役引退 広報部へ「新しい道で頑張っていきたい」

特集:
移籍・退団・引退

 ヤクルトから戦力外通告を受けた徳山武陽投手(28)が現役を引退することが1日、分かった。今後は球団に残り、来年1月に広報部に配属される予定。

 徳山は立命大から2012年育成ドラフト1位で入団。13年に支配下登録され、15年は39試合に登板してリーグ優勝に貢献した。昨年11月に国指定の難病「黄色靱帯(じんたい)骨化症」の手術を受け、実戦で投げられるまで回復したが、今季は1軍での登板機会がなかった。「手術前の状態まで戻すのは厳しいかなと。一番の思い出は優勝。新しい道で頑張っていきたい」と、第2の人生を歩み出す。

移籍・退団選手一覧

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・徳山が現役引退 広報部へ「新しい道で頑張っていきたい」