2017.10.31 05:04(1/2ページ)

慶大、7季ぶり35度目V!楽天D2・岩見が男泣き/東京六大学

慶大、7季ぶり35度目V!楽天D2・岩見が男泣き/東京六大学

特集:
2017ドラフト情報
胴上げされた岩見は笑顔で宙に舞った(撮影・早坂洋祐)

胴上げされた岩見は笑顔で宙に舞った(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ第8週第2日(30日、早大2-7慶大、神宮)早慶2回戦が行われ、慶大が7-2で早大を下し、7季ぶり35度目の優勝を決めた。慶大は先発左腕・佐藤宏樹投手(1年)が8回4安打2失点と好投。東大と5位に並んだ早大は1947年以来、70年ぶりの最下位。慶大は明治神宮大会(11月10日開幕)に出場する。

【続きを読む】

  • 優勝の喜びで泣き崩れる慶応の岩見雅紀(右)=10月30日、東京都新宿区の神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 東京六大学野球リーグで優勝し、ナインに胴上げされる慶大・大久保監督=神宮
  • 8回、安打で出塁する慶大・岩見=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 2回、照屋の内野ゴロで、二塁手エラーの間に生還し、先制点をもぎ取った二走の慶大・倉田=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 2回、内野ゴロを二塁手がエラーし、先制に成功する慶大・照屋=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 8回、2点適時打で追加点を挙げる慶大・倉田=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 6回、勝ち越しの2点適時打を打った慶大・清水翔=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 先発の慶大・佐藤=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 先発の慶大・佐藤=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 慶大、7季ぶり35度目V!楽天D2・岩見が男泣き/東京六大学