2017.10.31 10:00

【楽天ダイアリー】福山、MVP級の活躍/東北スポーツ

【楽天ダイアリー】

福山、MVP級の活躍/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
今季の楽天で投手陣MVPと高評価の福山。4年連続で65試合以上に登板した

今季の楽天で投手陣MVPと高評価の福山。4年連続で65試合以上に登板した【拡大】

 楽天の今季チーム防御率は、パ・リーグ2位(両リーグ4位)の3・33をマークした。ファンの方々は「投手陣から1人、MVPを選べ」と言われたら、頭を抱えるだろう。チーム内では、鉄腕の福山博之投手を推す声が多い。

 梨田昌孝監督は「前半戦はサブちゃん(福山の愛称)が、六回途中から救ってくれたのが大きかった。いかなる状況からでも登板し、連投もしっかり抑えてくれた。サブなくして語れない」とMVP級の賛辞を並べた。

 福山は7月中旬まで防御率0・00。特筆すべきは、4年連続で65試合以上の登板を果たし、無傷の6勝7セーブ、防御率1・06と、文句のつけどころがない成績だ。

 先発陣も大奮闘。先発は勝利数で判断されがちだが、投球回数と防御率でも評価される。

 3本柱の存在が大きかった。則本昴大投手(185回2/3、2・57)、岸孝之投手(176回1/3、2・76)、美馬学投手(171回1/3、3・26)。レギュラーシーズンを通して、きっちり役割を果たした。

 チーム1位の15勝をマークしたエース則本は「サブさんはえぐすぎる。間違いなく、一番大仕事をしましたね」と、お世辞抜きでたたえた。福山は身長1メートル72、70キロと小兵ながら、マウンドでは頼もしく、異彩を放った。 (広岡浩二)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 【楽天ダイアリー】福山、MVP級の活躍/東北スポーツ